子連れ香港#2旅行記(3日目)オーシャンパークでパンダにご対面!

シェアして頂けたら嬉しいです!

男の子3人(7歳、5歳、1歳)の子連れ香港旅行も三日目になりました。今日は香港島にある香港人に大人気の巨大テーマパークである、オーシャンパーク(海洋公園)へ向かいます。

子連れ香港旅行記の1日目、2日目はこちらからどうぞ:
>>子連れ香港#2旅行記(1日目)アクアルナのナイトクルーズ最高!
>>子連れ香港#2旅行記(2日目)香港ディズニーランドのファーストゲストに!

子連れ香港旅行にオーシャンパークは欠かせません。広大な敷地に、動物園、水族館、遊園地を集めて出来た感じのテーマパークです。遊園地は山頂にあるので、ケーブルカーで行かなくてはなりません。

我が家は2回香港に子連れで来ていますが、2回とももれなくオーシャンパークを訪れています。

とても1回では回り切れない広さだし、何回も行きたくなるくらい楽しい場所なので。

ただ、行ってみるとオーシャンパークでは日本人はほとんど見かけないです。もったいない!こんなに楽しいところなのに!!

スポンサーリンク

オーシャンパーク(海洋公園)でパンダに会えたよ!

オーシャンパークへタクシーでGO!(今は地下鉄で行けますよ)

今は、2016年12月にオーシャンパークまで、地下鉄(MTR)のSouth Island Lineが開通したので、Ocean Park駅で降りれば、すぐそこがオーシャンパークのエントランスになっています。でも、我が家が行ったとき(2015年11月)はまだ地下鉄は工事中だったので、ホテル前でタクシーを拾って、オーシャンパークに行きました。

オーシャンパークまで地下鉄で行けるなんて、便利な世の中になったものです。

オーシャンパーク前で記念撮影!

オーシャンパークのチケット購入

エントランスの横にチケットブースがあったので、そこでチケットを購入しました。空いているので事前に購入しておかなくても全然大丈夫です。

チケットの価格は以下の通りです。

  • 大人(12才以上):438HKD(約6,132円)
  • 小人(3-11才):219HKD(約3,066円)

※ 1HKD = 14円で換算しています。

ケーブルカーで遊園地へ

実は前回オーシャンパークに来たときはすごい雨だったので、パンダを見ただけで帰ることになり、あまり楽しめていませんでした。

今回は天気にも恵まれたので、まずは前回行けなかった遊園地へ向かうことにしました。

遊園地はサミット(The Summit)にあるので、ケーブルカーで山頂まで行きます。

ケーブルカー乗り場の前では少し並びましたが、ちょっと待っていれば順番が来て乗れました。

ケーブルカーからは、綺麗な海が遠くまで見えてとても良い景色です。

それにしても、日本人の感覚からすると、これはケーブルカーではなくてゴンドラじゃないかと思うのですが、ただの呼び名なので気にしないことにします。

ケーブルカー乗り場

ケーブルカーからの眺め!

山頂の遊園地でペンギンとジェットコースターを楽しむ!

ついに山頂の遊園地に着きました!アトラクションに乗るぞーっと行ったのですが、結構運休が多かったです。でも、たくさんのアトラクションがあるので、子どもたちとジェットコースターなどを楽しむことができました。

三男(1歳)は、あまり乗れるアトラクションはないので、ペンギンを見たりしてました。

ペンギンもいるよ

上の子たちは、いくつかのジェットコースターに乗りました。

あと、よくある遊園地のゲームだけど、バスケットボール入れで、おおきなぬいぐるみをもらうことができました!

バスケットボールゲーム!

もらった景品!

そして、ケーブルカーで動物園側(ウォーターフロント)へ戻りました。

オールド香港、そしてパンダカフェでランチ!

ウォーターフロントに戻り、オールド香港の街並みを再現したエリアに来ました。昔の香港の、雑多だけど活気がある感じが伝わってきてとても楽しい体験ができました。古い2階建ての電車の中にも入ることができましたよ。

オールド香港の門

2階建ての電車

そしてお昼になったので、パンダカフェ(Panda Cafe)でランチを食べました。オーシャンパークは全体的に空いているので、テーブルの心配をする必要はありません。

パンダカフェはカフェテリア方式なので、歩きながらほしいプレートを注文してトレーに受け取って、最後にまとめて会計します。

このレストランの料理の味は、正直そんなにおいしくないので、期待しない方がいいです。食べれそうなものを注文しましょう。

パンダ饅頭は、見た目はとてもかわいいのですが、味はあんまりです。写真を撮るために記念に1個くらい買うのはいいと思いますが、人数分買うのはおすすめしません。

ついにパンダとご対面!!

パンダカフェで腹ごしらえしたところで、ついにパンダとご対面しました!

これはパンダのぬいぐるみだけど・・。

オーシャンパークにはパンダに会える施設が2つあるので、両方とも行ってきました。

  • Giant Panda Adventure
  • Hong Kong Jockey Club Sichuan Tresures

Giant Panda Adventureの方はガラス越しじゃなく、直接パンダを見ることができるので、身近に感じられて、おすすめです!

日本ではなかなかパンダを見る機会ってないので、我が家は香港でばかり見ています。うちの子どもたちは、香港でしかパンダをまだ見たことがありません。

オーシャンパークをあとにします

お目当てのパンダも見たので、お土産屋さんを覗いて、オーシャンパークをあとにしました。

帰りはタクシーで中環(セントラル)まで出て、そこからスターフェリーに乗船して、九龍地区まで戻りました。

スターフェリーでのんびり船旅気分で尖沙咀へ

今でも香港人の通勤の足にもなっているというスターフェリーに乗って中環(セントラル)から尖沙咀に戻りました。

前回の香港訪問でもスターフェリーに乗っているので、これが2回目になります。

チケットは自動販売機で購入します。といっても紙のチケットではなく、プラスチックのコインみたいなものが出てきます。

これを改札口に入れると、改札を通ることができます。

お値段は以下の通りとてもお安いです。

  • 大人:2.5HKD
  • 小人:1.5HKD

曜日によっても値段が変わるそうなので、気をつけてください。

乗船時間は10分足らずですが、フェリーでのんびりと香港の景色、しかも九龍側と香港島側の両方を楽しみながらの船旅は、我が家のお気に入りです。とても癒されます。

尖沙咀に戻って印鑑を作ったり北京ダックを食べたり

スターフェリーで尖沙咀に戻って、まずは印鑑をオーダーしに行きました。

嘉欣印社(KAR YAN SEAL)で印鑑をオーダー

香港で印鑑を作ると言えば、ペニンシュラホテルにあるTANGS(タングス)が有名ですが、お値段がそれなりに高いので、我が家は、嘉欣印社(KAR YAN SEAL)で作りました。

お店は、尖沙咀のスターフェリー乗り場からほど近いスターハウス(Star House)というビルの18階にありました。

お店の方は片言の日本語で一生懸命説明してくれますので、何とか意思疎通はできます。

我が家は、子ども3人の印鑑を、それぞれの干支にちなんだデザインを選んで、作りました。

北京楼で北京ダックを堪能

この日のディナーは北京楼で頂きました。

この北京楼は、印鑑を作った嘉欣印社(KAR YAN SEAL)と同じスターハウス内の3階にある、高級レストランです。

メインはやはり北京ダック!しかも丸々1羽注文しました!

目の前でさばいてくれる北京ダックはとても美味!!

日本で食べる北京ダックは皮だけなんだけど、ここ香港の北京ダックは肉も食べることができて、ジューシーでボリュームもありとてもおいしいです!

このレストランは他の料理も全てがとてもおいしく、楽しいディナーになりました。

北京ダックを目の前でさばいてくれます

香港の北京ダックは肉が付いていてジューシー!

春巻き、餃子、チャーハンもおいしかった!

許留山のマンゴーは外せない

北京楼の後は、許留山でマンゴーのデザートを食べました。

もはや香港の定番!

ハーバーシティのトイザらスで子どものお土産探索

夕食後は、ハーバーシティのトイザらスに行きました。

もちろん子どもたちのお土産を買うためです。

香港のトイザらスといっても、このグローバルな時代、おいてあるおもちゃはほとんどが日本のトイザらスのものと似通っています。

前回の香港では、ここで香港タクシーのラジコンがあったので、それを買ったのですが、今回は探しても探しても香港タクシーのラジコンは見つからず。

でもついにFASTLANEのミニカーで香港のタクシーや救急車などを見つけることができたので、それを購入しました!

ぼったくりタクシー要注意!!

今日も香港を丸々一日楽しんだ後は、タクシーで楽に帰ろう!って思ったのが悪かったのか、尖沙咀で拾ったタクシーは、ネイザンロードを通らず、明らかに大回りをしてホテルまで連れていかれました。

それを指摘したら軽く口論になってきたので、掲示してあるタクシードライバーのIDカードを撮影したら、逆切れして、ベビーカーをトランクから放り出し、車を急発進させたりする始末。

こんなタクシーもいるので、気をつけましょう。

まとめ

香港人に大人気のオーシャンパーク(海洋公園)は、動物園、水族館、遊園地を全て一か所に集めた、広大な総合テーマパークでした。

我が家の一番のお気に入りポイントは、パンダに身近な距離で会えること。たくさんのパンダに会うことができますよ!

香港人の足であるスターフェリーもおすすめです。ビクトリアハーバーからのんびりの船旅で眺める香港の景色は格別です。

印鑑をオーダーするなら、スターハウス18Fにある嘉欣印社(KAR YAN SEAL)が価格もリーズナブルでおすすめです。我が家も子ども用に3個作りました。

北京楼の北京ダックもおすすめです!香港の北京ダックは肉も付いてきます。1羽で注文すると、まるっと1羽出てきて目の前でさばいてくれます!見た目もバッチリ!ボリュームも抜群です!ほかの料理もとてもおいしいです。

ハーバーシティのトイザらスはとても大きいので、香港ならではのおもちゃを探すのに最適です。トイザらスをぐるりと回っているだけでも子どもたちは終始大興奮でした。

4日目は、黄大仙に行って占ってもらったり、女人街で買い物を楽しんだり、最後は、ディズニーランドホテルのエンチャンテッド・ガーデンで三男の1歳のお祝いディナーをしましたよ!

記事は後日アップします!お楽しみに!

2日目に戻る:
>>子連れ香港#2旅行記(2日目)香港ディズニーランドのファーストゲストに!

関連記事:
>>子連れ海外旅行はディズニーランドも楽しめる香港がおすすめ!

スポンサーリンク

シェアして頂けたら嬉しいです!

フォローお願いします!

この記事をお届けした
たーたんファミリーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!