レゴランドでロボットを動かすプログラミング教育

シェアして頂けたら嬉しいです!

レゴランドでプログラミングが学べる?

レゴランドジャパンは、アトラクション、ショーやミニランドだけではないのです。

実は、年パス保持者など、レゴランドに何度もすでに訪れている人たちに人気なのが、レゴのワークショップなのです。

ワークショップは4コースあり、対象年齢は以下の通りです。

  1. Simple Machine I (3歳~5歳)
  2. Get Moving (小学2~5年生)
  3. Robotics for Young Biginner (小学1~3年生)
  4. Robot Box (小学4~6年生)

1, 2は、レゴブロックで機械を作るワークショップです。

3, 4は、プログラミングをしてレゴのロボットを動かしていくコースになっています。

このワークショップですが大変な人気となっていますので、開園したらまずはワークショップの予約に行くことをオススメします。

ワークショップを予約してから、他のアトラクションで遊んで、ワークショップの時間の10分前にはまた戻って来ればいいです。

各コース、所用時間は約45分です。

では、プログラミングのコース(上記の3と4)の概要をご紹介します。

スポンサーリンク

Robotics for Young Biginner (小学1~3年生)

レゴで作られたロボット、マイロに課せられた任務は、ある惑星の珍しい花を採取して、その花を安全な場所まで運ぶこと、になっています。

最初は、まず、レゴで、その花を作ることから始まります。

マイロはセンサーでその花を感知するので、大きめに花を作るとよいでしょう。

そして、次にプログラミングに入っていきます。

プログラミングには、iPadを使用します。

マイロにはモーター、センサー、LEDランプがそれぞれ1つ搭載されています。

iPad上で様々なプログラムブロックを組み合わせて、パラメータを調整して、マイロを前方に動かし、センサーで花を感知したらマイロを止め、そこで手動で花をマイロに乗せ、またマイロを前方に動かし、安全な場所(テーブルの中央)で止まるように、プログラミングを完成させます。

再生ボタンをタップして、うまく行けば、ミッション完了となります。

Robot Box (小学4~6年生)

こちらのは高学年向けとなっており、少々難しい内容になっています。

使用するロボットはEV3で、センサー1つと、左右のタイヤそれぞれにモーターが1つずつ、そしてアーム用モーターが搭載されています。

コースのミッションは、EV3を動かして、燃料タンクを掴み、そしてそれを安全な場所まで運ぶというものです。

これもiPadでプログラミングしていきます。

まずアームを上にあげ、ロボットを前方に動かし、燃料タンクを見つけたらロボットを止めて、アームを下げて燃料タンクを捕獲、そのままロボットをテーブル中央まで進め、アームを上げて、燃料タンクを置いたら任務完了です!

このミッションをクリアすると、インストラクターから、もう少し難しいミッションを与えられることがあります。

例えばUターンして戻って来てね。とか。

他にも、音を出したり、色んなことが出来るので、ミッションを早く終わらせて、色々プログラミングを試してみましょう!

まとめ

気軽にプログラミングを学べるワークショップは、大変な人気になっていますので、開園したら、まずは予約しましょう。

低学年向けコースと、高学年向けコースがあるので、お子様の年齢と、プログラミングへの慣れ具合によって、コースを選択しましょう。

予約完了したら、その時間までは他のアトラクションを楽しみ、予約時間の10分前にはトイレと水分補給を済ませて、ワークショップに行きましょう。

ワークショップでは、インストラクターが説明、指示してくれますので、流れに沿っていけば、自然とプログラミングを楽しんでいることになります。

レゴを楽しみながらプログラミングに触れられるので、お子様にとってかけがえのない得がたい経験になると思いますので、是非体験してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアして頂けたら嬉しいです!

フォローお願いします!

この記事をお届けした
たーたんファミリーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!