VW新型パサートヴァリアントを2泊3日で試乗しました!ACCはもはや自動運転!

シェアして頂けたら嬉しいです!

我が家の愛車Volkswagenシャラン(Sharan)のパワーウィンドウ修理の間、代車として最新型のフォルクスワーゲン・パサート・ヴァリアント(Passartのワゴンタイプ)を2泊3日で借りることができたので、たっぷり試乗させていただきました。

自分の車じゃないけど、最新技術満載の新型パサートに感動したので紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

最新型のフォルクスワーゲン・パサート・ヴァリアント(ワゴン)のここがすごい!

(1) ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)はもはや自動運転!

出典:JAF

アクセルを踏まなくても一定速度を保ってくれるクルーズコントロールがさらに進化したのがACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)です。

設定した速度を上限に、前走車との車間距離を保つようにブレーキ操作もしてくれる優れものです。

レゴランドに行くときに利用した高速道路で早速使ったのですが、通常走行時なももちろん便利なのですが、そのときは運良く?渋滞にも巻き込まれたので、渋滞でのACCのありがたさまで体験できました。

前の車が停止してもACCが働いてくれるので、アクセルもブレーキも操作する必要がなく、前走車の動きに応じて、ほんとに自動で止まったり走り出したりしてくれましたよ!

ACCはかなり便利です!

次に車を買うときには、絶対欲しい機能です!

ACCがあれば、遠いディズニーランドにも、楽に行けそう!

(2) 広い室内・荷室

シャランにも負けない室内の広さがあります。

もちろん背の高さはミニバンのシャランのほうが高いけれど、2列目の足元の広さはパサートが勝つかもしれませんね。

荷室もかなりの広さです。ベビーカーも何でも、簡単に放り込めますよー。

リヤゲートの開閉も電動になっていて楽々。これもいい機能ですね。

(3) 室内がとても静か・高級感あり

シャランと比べると、とっても室内が静かで乗り心地に上質感があります。

内装やメーター類も高級感があり、いい車だなあって感じがします。

スポンサーリンク

まとめ

新型パサートヴァリアントは、もともとの基本的な性能や広さや使い勝手はそのままに、高級感がアップしたうえに、最新テクノロジー満載のかなり使えるワゴンになっていました。

今買うならやっぱりACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は必須でしょうね!

よく遠出される方はACCを体験されることをオススメします!

迷っている方は、ぜひフォルクスワーゲンのディーラーに行って、試乗してみてください。

2018年に出る、ディーゼルエンジン搭載のパサートTDIにも期待ですね!


スポンサーリンク

シェアして頂けたら嬉しいです!

フォローお願いします!

この記事をお届けした
たーたんファミリーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!