圏外病のiPhone6をAppleサポートで交換したけどもっとお得な方法があった!!

シェアして頂けたら嬉しいです!

この度愛用していたiPhone6が圏外病になりまして、色々対処法を試してみたのですが、結局何を試しても直らないので、Appleサポートの修理サービスで交換修理することになりました。

ことの顛末と、修理サービスよりもお得な対処法を見つけたので、その紹介をします。

よーく分かったのは、圏外病は直らないということ。

ネットに書かれている対処法をやっても、一時的には直った様にみえるかもしれませんが、段々症状が悪化して最終的にはずっと圏外のままになりますので、交換するしかありません。

他のネット情報に惑わされないよう、ほったらかしにするのではなく、症状は進んで行くので早め早めの対応がおすすめです。

スポンサーリンク

iPhoneの圏外病とは?

電波がある場所なのに、自分のiPhoneだけ『3G』になったり、さらには『圏外』表示になったりしたら、それは圏外病かもしれません。

まずは、ネットに溢れている対処法を一通り試してみましょう!

iPhone圏外病の代表的な対処法は?

実際に試してみた対処法を紹介しておきます。

ただ、結局は直りませんでしたが。

電源をオフ/オンする

まず最初は、圏外病以外の症状のときでもよく試す、電源オフ/オンですね。

電源ボタン(iPhone6であれば本体の上部右横にあります)を長押しして、画面に『スライドで電源オフ』が表示されたらそこをスライドします。

電源がオフされたことを確認したら、再度電源ボタンを押して再起動します。

これで直ればいいんですけどねー。

強制再起動する

次は、強制再起動です。

今度は電源ボタンとホームボタンを同時に長押しします。

電源が落ちて、再度起動してくるまで、押し続けます。

何回か試したら直ることもありましたが、圏外病の症状が進んでくると、もう直らなくなります。

機内モードをオン/オフする

機内モードをオンすると、強制的に圏外になります。

再度、機内モードをオフすると、iPhoneは電波を探しに行き、『検索中…』という表示になります。

上手くいけば電波を拾うけど、だいたいはまた『圏外』に戻ってしまいます。

日付と時刻の自動設定をオフ/オンする

設定⇒一般⇒日付と時刻の『自動設定』をオフ/オンします。

これで直るとは思えないんですけど、ネットにはこれも対処法の一つとしてよく紹介されていますね。

SIMカードを抜き挿しする

SIMカードの接触が悪かったりすると圏外になる可能性があるので、これは効果あるのかもしれません。

この時同時にSIMカードのトレイも曲がり等が無いか確認しておくといいでしょう。

SIMカードを交換する

妻のSIMカードを挿してみましたが、圏外病は直りませんでした。

iOSをアップデートする

容量不足でiOSのアップデートをずっとしていなかったので、最新のiOS 10.3.2にアップデートしてみました。

これで一旦直ったんです。でも数時間後にはまた圏外になりました・・。

ネットワーク設定をリセットする

設定⇒一般⇒リセット⇒『ネットワーク設定をリセット』でリセットします。

これは、WiFiのパスワードやBluetoothの接続情報がリセットされますが、圏外病に効果があるかどうかは微妙ですね。

ネットワーク設定のリセットだけでは、データ等は消えません。

すべてのコンテンツと設定を消去する

次は全てを消去し、バックアップを使って復元してみました。

これも手間がかかっただけで、圏外病には効果なしでした。

DFU復元する

DFU復元では、ファームウェアも入れ直してくれるようです。

やり方は以下の通り。

  1. iPhoneをパソコンと接続する
  2. iTunesを起動する
  3. 電源ボタンとホームボタンを同時に長押しする
  4. 押したまま6秒くらいで画面が消えるので、その4秒後に、電源ボタンを離す
  5. そのままホームボタンを押していると、
  6. パソコン画面に『リカバリ』する旨を問うポップアップがでます
  7. 画面の指示に従って復元を行います

あれこれ試す前に、最初にDFU復元を実施するのもいいかもしれません

というのも、これを試してダメだったらソフトウェア関係は問題無し、ということが分かるので、後はハードウェアの修理または交換しかない、と覚悟を決めることができるからです。

Appleサポートで修理サービスを受ける

ということで、何をしてももう直らなくなったので、Appleサポートで修理サポートを受けることにしました。

住んでいるところはちょっと田舎なので、Appleストアまで行くのは面倒なので、配送サービスで頼むことにしました。

AppleサポートのiPhone修理のサイトはここです。

iPhone の修理 - Apple サポート 公式サイト
iPhone の修理サービスについてご案内します。修理が必要かどうかよくわからない場合は、このサイトの情報を参考にしてください。

こちらに進み『修理を申し込む』ボタンをクリックして、あとは画面の指示にしたがって修理を依頼しましょう。

圏外病の修理方法は?

本体の交換になります。

修理期間は?

金曜日の夜に、ヤマト運輸が自宅までiPhoneを引き取りに来てくれ、

翌週の月曜日に、Appleサポートから、交換品の発送をした旨連絡があり、

翌日の火曜日の午前中に、受け取ることができましたので、

iPhoneが修理のため手元になかったのは、土、日、月、火の4日間だけで済みました。

修理費用は?

iPhone6の場合は、

修理単価33,800円+消費税2,704円の

合計36,504円でした。

もっとお得にiPhoneの交換ってできないの?

交換費用は税込みで36,504円でした。

もともとiPhone6って買ったときは5万円台していたので、3万円台で交換できるならいいかな、なんて思ってよく調べずにAppleサポートで交換しちゃったんです。

だけど、交換で新品のiPhone6を受け取った瞬間に、これメルカリで売ったら儲かるんじゃね、なんて邪まな思いが出てきたので、早速検索してみました。

そしたらなんと、新品未使用のiPhone6が2万円台で複数出品されているじゃないですかー!!

Appleサポートで交換するよりも、メルカリやAmazonとかで新品のiPhone6を買えば、5千円~1万円くらいはお得に交換できたんです。

もしかしたら、交換費用くらいでiPhone6 plusが買えたかも!!

その場合は、圏外病のiPhoneが手元に残るので、これをジャンク扱いで売るなり、WiFi専用として使ったり、活用できたんです。

あー、もう超後悔です。

みなさんは、こんなことにならない様に、落ち着いて市場価格をよーく調べてから、交換に出すか購入するか決めてくださいね。

早速iPhone6の価格を調べてみましょう!

iPhone6sはローズゴールドが選べますね。

iPhone7もだいぶ価格が落ちてきました。

まとめ

圏外病の診断は、電源オフとか細かいことを試していくより、いっそのことDFU復元をまずやってみるのが手っ取り早いです。

DFU復元で直らなかったら本体交換するしかないです。

また、Appleサポートで交換するよりも、メルカリやアマゾン等で、新品・未使用品や、綺麗目の中古を購入したほうが、お安く上がる可能性があります

運悪く圏外病になってしまったら、あれこれネットの対処法の情報に惑わされず、もう直らないものとして、逆に新しいiPhoneを手に入れるチャンスと思って、前向きにいきましょう!

グッドラック!

スポンサーリンク

シェアして頂けたら嬉しいです!

フォローお願いします!

この記事をお届けした
たーたんファミリーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!